WEB会議の特徴と安全性

WEB会議の主な特徴とセキュリティを紹介します

WEB会議の特性と安全性の重要ポイント

重要性の非常に高い会議でも使用されています

経費カットや仕事効率化などに伴って、web会議システムを活用する会社組織がとても増加しています。それに加えて、その活用シーンもオーソドックスな会議のみならず、役員会議もしくは人事関連の会議というような大事な機密を取り扱う会議や取引先とのミーティングなど多様になっています。以前までは、役員会議といった重大性の大きい会議に関しましては高い額の専用の機器及び専用の回線を活用することによってリンクするテレビ会議システムで行なって、現場レベルの会議はweb会議システムで取り組むというように会議別や優先順位などに応じて会議のシステムを分けて使っている場合も数多くありました。 しかしながら、ネットを介しての回線やモバイルの周辺環境の整備につれて、web会議システムのクオリティーがテレビ会議システムに引けを取らないレベルまでレベルアップしていることから、役員会議といった重要性の高い会議においてもweb会議システムを有効に活用する会社組織が増加傾向にあります。さらに、クオリティー面以外でも、セキュリティレベルがランクアップし、機密情報を取り扱うようなシーンでも気掛かりなく使用することができるようになってきたことも影響しています。

スムーズに使用するためには、セキュリティに効果的な対策がきちんとしているweb会議システムを選び出すことが不可欠です。web会議のセキュリティに効果的な対策を確かめるうえでいちばん大事なのは、通信データそのものが暗号化されているか否かという所です。web会議においては音声や映像のデータ数値だけでなく、機密性のとても高い資料などもシェアすることから、通信データ数値がしっかりと暗号化されていることを通じて安全性のとても高い通信を実施することができます。 暗号化のプロトコルとしましては、SSL並びにAESに因る暗号化があります。これらに関しては強固な暗号化方法として市民権を得ているので、こうした暗号化式が活用されているシステムを選択することが奨励できます。

IDやパスワード等で管理が可能かというポイント

web会議へと接続するにあたって、専用のユーザーIDそして、パスワードを利用することによってログインすることができるユーザーを管理したり、IPアドレスを設定してアクセス制限を定めたりできるセキュリティに関する機能を備えているweb会議システムも見受けられます。ユーザーを管理できることを通じて、不正アクセス等を阻止し、頑強なセキュリティが可能です。

人気記事ランキング