WEB会議の強みと弱み

WEB会議のプラス面とマイナス面を紹介します

WEB会議のメリットとデメリット

円滑な導入ができ場所を選びません

web会議システムについてはテレビ会議システムと照らし合わせるとメリットがあります。テレビ会議システムは、導入に対して専用回線及び端末それから、モニターやスピーカーなどを欠かすことが出来ません。回線接続並びに専用機器を入手するため、利用スタートまでに時間がとられることがあります。 それに対して、web会議システムに関してはネット回線とパーソナルコンピューターがあれば時間をかけずに使用できます。テレビ会議システムの様に専用の回線を引いたり機器を準備することがないことから、短期の間で円滑な導入ができます。 それに加えて、原則としてテレビ会議は専用機器をセッティングした所でおこなわれます。しかしながら、web会議はインターネットの環境及びパーソナルコンピューターがあれば何処からでも会議に加わることができます。出先や家など場所を選ばないことから、在宅勤務などいろいろなワークスタイルにもフレキシブルに対処可能です。

メリットのみを見たら、とても要領よく会議をおこなえて効率の良いシステムと考えられます。しかしながら、web会議システムにおいてもウィークポイントがあります。専用の回線を有効に活用するテレビ会議システムにつきましては、映像並びに音声がハイクオリティであることが持ち味と言えます。それに対して、インターネットの回線を介してのweb会議システムにつきましては、インターネットの接続環境に影響を受けてしまうため、音質並びに画質が安定しなくなることも想定されます。

トータルコストが高まる恐れがあります

テレビ会議システムに関しては回線の接続並びに専用の機器の買い付けなどで導入する時に非常に多くのトータルコストがかかります。しかしながら、web会議に関してはそうした初期に対するコストはかからず、月毎の固定料金か、或いは使用した相当分だけコストがかかる従量課金の場合が一般的です。ここのところを見ると、web会議システムがリーズナブルにみえますが、長期に亘っての活用を考えているケースでは、気をつける必要があります。 テレビ会議システムに関しては初期に高額のコストはかかりますが、それ以降かかるのは保守に関するコストだけです。長きに亘り使いこなせば、その分だけ費用対効果が高まります。それに対して、web会議システムに関しては1カ月ごとに費用がかかります。従量課金ならば、大規模、長期間で使用した場合コストが高くなる可能性も高いです。

人気記事ランキング