川崎で確定申告をするときの注意点

日本では、フリーランスで働く人が増えています。インターネットの普及によってネットビジネスの世界に参入する人が増え、その結果、個人事業主も増えています。個人事業主になってからの関門のひとつが、確定申告です。川崎にも個人事業主が数多く存在しており、毎年税務署に行き、必要な書類を提出している人も少なくありません。申告は期限が決まっているので、申告期限ぎりぎりになって慌てないように早めに書類を作成しておいた方が楽です。マイナンバーについては、平成28年から記載が必要になります。申告義務がない人であっても、申告することで税金が還付されることがあるので、しっかりとチェックしておいた方がいいです。給与所得者であっても、年収が2000万円を超えている人や退職金以外の副収入がある人などは申告が必要です。

確定申告は忘れずに行うことが大事です

年金生活者でも、厚生年金や国民年金などの刻的年期収入が400万円を超える場合や、公的年金収入以外の所得が20万円を超えている場合は、申告が必要です。川崎に住んでいる人の中にも、年間の医療費が10万円を超えているという人は多いです。年間の医療費が10万円を超えていれば、申告して控除を受けることができます。その場合、申告する本人の医療費だけでなく、扶養家族の医療費も合算して計上することが可能なのです。通院するための交通費や薬代なども含めることができるため、家族の分の領収書やレシートも、きちんと保存しておくことが大切です。生命保険に入って保険料を支払っている人は保険の種類によって控除を受けられます。保険会社からは年末に控除証明書が送られてくるので、この証明書を使って所得控除を受けます。

きっちり節税すれば家計を助けることができます

日本では、将来のために株などの投資を行っている人も少なくありません。記入資産に投資している場合、売却で損失が出たら確定申告をすることで損失を3年間も繰り越すことができます。また、繰り越した年に、もし利益が出た場合は、繰り越した損失分を控除することができるので、節税ができるというメリットがあります。日本は不況ということもあり、会社に勤めながら副業を持っている人が増えています。会社で副業が認められている場合、副業で生じた赤字は他の所得と合わせて申告することができます。申告すれば、給与所得から源泉徴収された税金が還付されるので、お得です。川崎の税務署には、税金の申告でわからないことがあれば、丁寧に教えてくれる窓口が用意されているので、とても便利です。