川崎で確定申告をするときに必要な書類

会社に勤務している人なら、所得の申告は会社が代わりに行ってくれますので、特に何もせずに済みます。一方で、副業を行っている人、個人事業主や会社経営者などの場合には自分で申告する必要が出てきますので、期限までに書類を作成して提出しましょう。川崎で確定申告をする場合、地域独自の特別な条件などは設定されておらず、全国で一般的に行われている申告の方法と共通です。一般的なやり方さえ覚えておけば、難しく考える必要はありません。副業や専門的に事業を行っている人以外でも、医療費がかかった場合や株などの投資で利益を得たり損失を出した場合にも申告しなければならない例や、申告しておいたほうがよい場合が存在します。特に医療費がかかったり投資で損失を出した時には、税金が安くなるメリットがあるためお得です。

管轄の税務署に行けば書類をもらえる

川崎で確定申告をするなら、管轄の税務署に向かえば、一通りの書類を渡してくれます。特に難しい方法ではなく、受付の人に尋ねるだけで渡してくれますし、特別な手続きをする必要がなく、意外にもあっさりと受け取ることが可能です。別の手段としては、国の機関のサイトを訪れて、必要な提出書類をダウンロードする方法があります。ダウンロードしたものは印刷して使ってください。国の機関のサイトにはオンライン上で提出書類を作成できる、全国対応の無料サービスが存在します。これなら、自分で書類をもらう必要が殆どありませんので便利です。パソコンが使える人なら、ぜひ利用してみましょう。提出に必要な書類は、白色申告と青色申告によって違ってきます。青色申告は事前に税務署に届出を出している人に限られます。

控除を受けるのに必要な添付書類など

白色申告なら申告書A様式またはB様式を作成し、収支内訳書も必要です。青色申告なら申告書B様式と青色申告決算書を提出します。給与所得者や年金受給者が川崎で確定申告をするなら、源泉徴収票を提出します。控除を受けるためには、国民年金や公的保険料などの証明書が必要です。民間の生命保険料も控除対象ですから、忘れないようにしてください。医療費控除を受けるなら、医療費とそれに関連する交通費の領収書を準備します。住宅ローン控除を受ける場合だと、住宅借入金等特別控除額の計算証明書や住民票の写しなどを用意します。添付書類を専用の台紙に貼り付けて、他の書類と一緒に提出しましょう。帳簿を作成したり、経費を証明する領収書なども必要ですが、これらの書類は提出する必要はありません。但し、5~7年の保存義務があることを覚えておいてください。