WEB会議の利点とデメリット

WEB会議のメリットと留意点について紹介します

WEB会議を活用するメリットとデメリットとは

顔を合わせた事のない人でも容易に話せます

web会議の利点はたくさんありますが、まず第一に遠くの方と仮に対象者といちども顔を合わせたことがなくとも、さながら会った経験があるかのように空気を感じ取りながら話が可能なことが挙げられます。 現実に顔を合わせるのとweb会議越しに会するのとではまったく違う人もいるでしょう。その理由は、ダイレクトに対面するのは余りに情報量が多過ぎるためです。従って、web会議を介したほうが会話しやすいという人も、現代には多いと言えます。 そして、もうすでにダイレクトに会うことは必要ない時代が来ているとも考えられます。

システムを活用することで無駄の排除ができます

Web会議の利点は社員サイドのみならず、それを採用する上層部にとりましても利をもたらしてくれます。ひとつの例として交通費があります。過去は飛行機と新幹線に乗り費用をかけて会議へとでかけていましたが、もうそうではありません。 そして合わせて、そういった時間もスキップすることができます。 ほかにも一歩進んで、アメリカ合衆国では事務所の賃料もカットしています。何回もの不景気が世の中を襲いましたから、運営管理の能率化は課題です。 会議に関する交通費や人件費、家賃など広範囲に亘る費用をカットできます。

システム利用上の主なデメリット

ただし、利用する上でデメリットもあります。まずインターネットの環境に関しての留意点があげられます。 いまどきのWeb会議システムにつきましては、パーソナルコンピューターのみならず、タブレット並びにスマートフォンからでも加われます。 しかしながら、タブレット並びにスマートフォンなどで出先から加わる場合は少々気をつける必要があります。 ひとつの例として、Wi-fiが飛んでいないケースでは、テザリングを利用することによってリンクすることになり、スピード制限及び容量制限がかかる場合もあり、接続が不確かになれば遅延が生じます。そして接続そのものが途切れ途切れに陥ってしまうと、スムーズな会議の進行は実行できなくなります。 また、雰囲気の面のデメリットもあります。 参加者が寄り集まって取り組むこれまでの会議とは違い、Web会議に対する参加者がいる所は多種多様です。 場所を選ばずに何処からでも参加をすることができ、移動がなくなって時間が短くなるなどは、アピールポイントになります。 しかしながら、会議室へと結集し顔を見合わせて話さないこともあって、必然的に雰囲気が読みづらいというウィークポイントがあります。

人気記事ランキング